【3歳】生活習慣☆小さな子どもでもきちんと伝えよう!〜排泄(トイレ)・トイレトレーニング〜

生活習慣シリーズ今回は、排泄(トイレ)トイレトレーニングです。

トイレトレーニングで悩まれているお母様方は多いかと思います。私が現在受け持っているクラスは、満3歳児クラスなのですが、ほとんどの子がオムツです(^^;)お母さん方と話もするのですが、中々、トイレトレーニングに苦戦されてます。

入園前までに布パンツにしておくことが理想です

なかなかトイレトレーニングがすすまない

今回は幼稚園の話です。保育園では、0歳から入園なので、紙パンツは当たり前ですが、幼稚園では、3歳から入園ですよね。最近オムツが取れてない子が本当に多くて正直ビックリしてます(^^;)

お母さん方も頑張ってくださっていますが、子どものタイミングもあるので、無理はしないで下さいねとは伝えます。

しかし、入園後のことを考えると、布パンツになっている方が良いです!

なぜなら、幼稚園は担任1人で子どもたちを見ていることが多いからです。担任1人で何人もの子どもたちのトイレトレーニングをすることは難しいです。というかできないです。

実際私も、お母さん方と連携を取って、紙パンツから布パンツに移行したい、子どもがやる気になっているから頑張りたいという、ご家庭には協力しています。

中には、園でトイレトレーニングをしてくれると思われているご家庭もありますが、幼稚園では基本トイレトレーニングはしません。トイレトレーニングはお家でするのが基本です。

そこを理解していないと、子どもたちは、いつまでも紙パンツから卒業できないです。

家でトイレトレーニングをする理由

何故、お家でトイレトレーニングをすることが大切なのかお話します。子どもたちは、紙パンツだと漏らしてしまっても安心します。中々、布パンツを履きたがらない子は、漏らしてしまったらどうしようと不安になるからです。その他に、トイレに行くのが面倒くさいというのもあります。

お母さんが、トイレでおしっこすることが気持ちがいいことや、布パンツを履いてたら、お兄さん、お姉さんでカッコイイね!などトイレでおしっこがしたくなるような言葉かけをすることで、トイレでおしっこをしてみようかな?という気持ちになります。

この親子での、やり取りがないと、園ではなかなかトイレでおしっこはしたがらないです。

中にはうんちが出ていても言わない子がいます。おしっこやうんちが紙パンツの中でしていても、慣れてしまうと気にならなくなり、これはよくないことです。

好きなキャラクターのパンツを用意してあげる。Aちゃん

がんばるぞ!

トイレトレーニングの中には、好きなキャラクターのパンツを友だちが履いていた、または、下着売り場で見かけたなどで、トイレトレーニングしたい!と思うお子さんもいるようです(^ ^)

私のクラスのAちゃんは、大好きなキティちゃんパンツを見つけて、履きたい!となり、今トイレトレーニングを頑張ってます。

今は、時間を見て、トイレに行ってますが、中々トイレでおしっこが出ません。しかし、本人はとてもやる気で頑張ってます。最近では紙パンツにおしっこが出たら「先生、おしっこが出た。」と伝えてくれるようになってます。時間がかかるかもしれませんが、頑張っていきたいと思っています(^ ^)

プライドの高いBくん

お漏らしはしたくない!

Bくんは、布パンツでもおしっこが出来る子です。しかし、漏らしてしまうことが自分の中で許せないので、いつも紙パンツを履いてます。

お母さんもとても優しい方なので、Bくんの思いを受け止めて、紙パンツを履かせていました。しかし、紙パンツを履いていることに安心してしまったBくんは、紙パンツでおしっこをするようになってしまいました。

お母さんと話をして、布パンツを履くことに決め、時間を決めてトイレに行くようにすると、Bくんは一日、布パンツでいても漏らさなくなりました。

まとめ

いかがでしたか?子どもたちの成長に合わせてトイレトレーニングをしていくことで、子どもたちもやる気になってくれるかと思います。何がなんでも、布パンツに!と必死にはならないで、小さなことでも子どもたちが出来たことを褒めてあげて、楽しくトイレトレーニングをしたいですね(^ ^)

アバター

yuzu

yuzuです 大学を卒業後、幼稚園→一般職→保育園→幼稚園と働いてきました。 現在は、幼稚園で働いています。 経験年数は、今年で10年目です。 これまで300人以上の子どもたちを受けもちました。 保育者として日々感じることや伝えたいことをブログを通して発信していきたいと思います。

あわせて読みたい

3件のフィードバック

  1. アバター Pekopoko より:

    家族が子どもにきちんと教えてあげること、頑張れるきっかけを作ってあげることが必要なのですね。

    幼稚園での様子も含めて先生とお母さんが連携を取れる環境もまた大事なのだとわかりました。

  2. アバター yuzu より:

    コメントありがとうございます!
    お母さんと先生の連携とても大切です。
    普段からお話を聞くことで、こどもの家での様子もわかります(^^)

  1. 2019年11月30日

    […] 以前にもトイレのお話をしましたが、今日は、おむつのお話です。http://kodomo-kodomo.com/2019/11/08/sansai-seikatsu-toire/ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です