子どものおもちゃの片付け方法☆

片付け苦手じゃないですか?

だんだん散らばっていきますよね

子どもたちが遊びに夢中になると、おもちゃが散らかってしまいませんか?

幼稚園の子どもたちも、遊びに集中すると、おもちゃが散らかってしまうことが度々あります。

おままごとをしていて、次は積み木、ブロック遊び・・・と、遊びが次々に展開していきます。そして、気がつくと部屋はおもちゃが散乱している・・・なんてこともありますよね。

「お片づけしようね」と子どもに声をかけても、

「まだ遊んでるもーん!」

「このあと使うんだもーん!」

など言うのではないでしょうか。

まだ本当に使っていたり、遊んでいるのだったら、いいのです。しかし、片付けるのが面倒でこのようなことを言っていることもあります。

時間に余裕があれば、子どもの遊びを見守ってあげて、遊んだ後は「片付けようね」と伝えていくことが大切です。

「片付けようね」ただ、と言うだけではなく、子どもと一緒に片付けを手伝ってあげてください。そうすることで、子どもたちも片付けかたを覚えていきます。

片付けがなかなかできない

あれもこれも遊びたい!

根気よく伝えても、なかなか片付けはできない!というお子さんもいるのではないかと思います。

大人である、私たちでも片付けは面倒な作業ですよね。

子どもたちも、片付けするより楽しく遊ぶ方がいいに決まっています。

しかし、片付けすることを伝えずに、散らかりっぱなしの部屋で過ごしていると、大変なことになります。

散らかっていることに慣れてしまうのです。そして、片付けが苦手になります。

散らばっているおもちゃを踏みつけても気にならなくなります。

その状態に慣れてしまうと、読み終わった絵本が床に落ちていても、平気で踏んづけたりします。踏んづけていても気にならないのです。

「ものを大切にする」という気持ちも薄れていってしまいますよね。これは、とても悲しい気持ちになります。

子どもたちには何度でも、【片付けすること】【ものを大切にすること】を伝えていきましょう。

片付けさせるには、どうすればいいのか

まだまだ遊びたい!

子どもたちがなかなか片付けられない理由はひとつです。【まだまだ遊びたい!】からです。

好きなだけ遊べる時間があれば良いです。しかし、ご飯の時間、お風呂の時間、寝る時間とやることがたくさんありますよね。

お母さんからすると、すぐに片付けをして欲しいです。すぐに、次の行動に移って欲しいのではないでしょうか。

「まだ遊ぶー!」「片付けしなーい!」などど、言っていつまでも遊んでいませんか?

これらの行動は、お母さんが自分が遊んでいても、最後まで待ってくれると知っているからです。

そして、最終的には、手伝ってくれることも知っています。

だからいつまでも片付けしないで遊んでいるのです。

これらの行動は、お母さんと子どもとの信頼関係がきちんと出来ていることにもなります。しかし、自分からおもちゃを片づけられるようになってほしいですよね。

【待たない】という選択肢もあります

時間を決めて

○○時に子どもに夕食を食べさせたい、△△時にお風呂に入って欲しい。という時間が決まっているかと思います。

片付けを子どもに促す場合、すぐに「お片づけしようね」と声をかけるのではなく、片付けて欲しい時間の10分前くらいに「今時計の長い針が〇〇にきてるでしょ?これが、△△に来たらお片づけしようね。」などと、前もって、伝えてあげてください。

そうすることで、子どもたちも見通しがたち、片付けがしやすくなります。

それでも「まだ遊ぶー!」と言って片付けない子は、【待たない】という選択肢を選んでいいです。

【待たない】ということも時には必要です。

先ほども書きましたが、子どもたちは、お母さんが【待ってくれる】ことを知っているので、わがままをいってしまいます。

例えば、「お片づけできないなら先にご飯食べちゃうよー。」など伝えて、先にご飯を食べる準備をします。

すると子どもは「あれっ今日は、お母さん待ってくれないの??」となります。そして、一緒にご飯が食べたいので、片付け始めます。

子どもが片付け始めた時に「自分でお片づけしないといけないって気付けたね。」などと、声かけしてあげてください。出来たことを褒めてあげると、少しずつ自分から片付け出来るようになってきます(^ ^)

一度試してみてください☆

アバター

yuzu

yuzuです 大学を卒業後、幼稚園→一般職→保育園→幼稚園と働いてきました。 現在は、幼稚園で働いています。 経験年数は、今年で10年目です。 これまで300人以上の子どもたちを受けもちました。 保育者として日々感じることや伝えたいことをブログを通して発信していきたいと思います。

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. アバター Pekopoko より:

    お片付けの仕方とてもおもしろかったです!

    子供もいつもと違う切り替えしにおどろく感じや片付けが出来たときの満足げな顔がイメージできます。

    時間の勉強にもなるので時計を使ってお片付けの習慣を作ることは将来ぜひ実践してみたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です