【こどもの叱り方】感情的にならないで、落ち着いてこどもに伝えましょう

叱り方どうしたらいいかな・・・

今回は【こどもの叱り方】のお話です。こどものしつけは時に、大変なこともあるかと思います。

親の思いに反する行動や言動などをする時があります。その時に、お母さん方は、怒っていますか?それとも叱っていますか?

【叱る】と【怒る】の違いとはなんでしょうか。

○【怒る】とは、怒り手の感情を外に爆発させること

○【叱る】とは、相手によりよい方法を教示すること

です。こどものしてはいけない行為にイライラして、怒り任せに感情を爆発させても、こどもの心には響きません。

逆に、こどもに『お母さんは、僕のこと私のこと嫌いなのかな・・・』と傷ついてしまう恐れがあります。

では、どのように叱ると良いでしょうか。

まずは、やってはいけない叱り方からお伝えします!

やってはいけない叱り方

怒られちゃった・・・

大声を出さないでください

こどもが危ないことをしている!

友だちを叩こうとしている!などと、こどもを止めたい時に大声で静止させようとしてませんか?

これは逆効果で、こどもを萎縮させてしまいます。

また、その時の瞬間だけ怒られた!と感じてしまいます。

してはいけないことを伝えたい時には、落ち着いた口調でこどもに伝えましょう。

感情的にならないでください

毎回毎回同じことを注意していても繰り返してしまったり、なかなか出来なくて、イライラしたりしませんか?

このイライラの感情をこどもにぶつけても、こどもには何も伝わりません。

逆に感情的に怒ると、こどもは、お母さんは自分のことが嫌いだから怒るんだ・・・と傷などついてしまいます。

こどもが傷つかないように、何故叱られているのかを伝えてあげてください。

理由を言わずに叱らないでください

『なんで、そんなことしたの?!』や、『あ!ダメダメ!やめなさい!』など、理由を言わずに叱ってませんか?

こどもが危険なことをしようとした時に、その理由を言わずに叱ってしまうと、こどもたちは理解が出来ません。

何で自分は叱られているのだろう・・・と納得もいかないでしょう。

『○○をすると怪我しちゃうからやめようね。』などと、理由をしっかり伝えてあげてください。

大勢の前で叱らないでください

兄弟や、友だちなど大勢の前で叱ると、こどもの自尊心を傷つけてしまいます。

また、こどもたちはよく大人の様子を見ているので、あの子は叱られる悪い子なのだというレッテルを貼ってしまう恐れがあります。

叱る時は、静かな場所や周りから見えない所でお話してあげましょう。

時間が経ってから叱らないでください

時間がかなり経ってから叱ったりしていませんか?

『あの時のあれはいけないことなのよ!』などと、話されても、こどもたちは、『何のこと?』となります。

こどもたちは、過去ではなく今を生きていて、過去の行動など忘れやすいのです。

忘れてしまったことを、ああだこうだ言われても理解することが難しいので、その瞬間で話をしてあげましょう。

脅すような言葉がけはしないでください

恐怖を受け付けるような言葉かけは、こどもがトラウマになってしまうかもしれないので、やめましょう。

そして、『言うこと聞かないと、お化けに連れて行かれるよ!』や『鬼がくるよ!』など、その時はこどもたちは親の言うことを聞くかもしれませんが、次第に『お化けも鬼も来ないじゃん。』となります。

また、逆に親を信用しなくなる恐れがあるので、そのような声かけは、やめましょう。

いかがでしたか?やってはいけない叱り方をお伝えしましたが、では、次は、どんな方法で叱るのが良いのかお伝えしますね!

上手に叱るにはどうすればいいのか

叱られる理由を伝えると、こどもは理解できます

こどもの目を見て話ましょう

こどもたちは、基本叱られたくありません。

もしいけないことをしたら、こどもなりに感じていることもあります。

しかし、叱られている自分を認めることがなかなか難しい時や、納得のいかない時もあります。

叱る時は、こどもの目を見てください。

こどもと目が合う時は、こどもも大人の話をしっかり聞いています。

目が合わない時は、聞いていないので、真剣に話を伝えたい時は、目をしっかり見て話してあげてください。

理由をしっかり説明してあげてください

例えば、道路があってそのまま飛び出そうとした時に、『そっちに行ったらダメ!』と声をかけてしまうと、こどもは、そっちってどっち?何??となります。

『車が来るから止まって、信号を見て!』とどのようにしてほしいのかこどもに伝えてあげてください。

すると、こどもたちも理解ができます。

してほしいことを伝えましょう

よく、こどもたちに『やってはいけないこと』を伝えがちになりますが、『してほしいこと』を伝えるとこどもたちも、わかりやすいです。

例えば、外から帰ったら靴が脱ぎっぱなしだったとして、『靴が脱ぎっぱなしよ!』というのではなく、『靴は揃えようね』と伝えてあげると、わかりやすいですよね。

時には厳しく接しましょう

時に本当に命に危険があるような行為をしてしまう時もあるかと思います。そんな時は真剣に厳しく叱ってください。

真剣に伝えることで、こどもたちは『してはいけないことをしてしまったのだ』と真剣に受け止めることが出来ます。

厳しくする時、優しく伝える時などメリハリをつけてください。

【まとめ】叱ったあとはフォローしてあげましょう

大好きだよ!

いかがでしたか?

叱り方をお伝えしましたが、

○やってはいけない叱り方

・大声をださない

・感情的にならない

・理由を言わずに叱らない

・時間が経ってから叱らない

・脅すような言葉がけはしない

○上手な叱り方

・こどもの目を見て話す

・理由をしっかり説明する

・してほしいことを伝える

・時には厳しく接する

厳しく叱って、こどもが泣いてしまったり、深く反省することがあるかと思います。

そんな時は、あなたのことが嫌いだからではなく、大切だから、大好きだから伝えているんだよと伝えてあげてください。

また、スキンシップをとってあげたりすると、こどもたちは愛情も受け止めることができます。

また、叱ったことが出来るようになった時には、褒めてあげてください。

そうすることで、こどもたちは、日々学んでいくことができます。

上手に叱っていくことで、こどもたちは、お父さんやお母さん、周りの大人たちから愛情を感じることができて、素直に育つことができます(^ ^)

こどもたちと素敵な関係を築いてくださいね♫

アバター

yuzu

yuzuです 大学を卒業後、幼稚園→一般職→保育園→幼稚園と働いてきました。 現在は、幼稚園で働いています。 経験年数は、今年で10年目です。 これまで300人以上の子どもたちを受けもちました。 保育者として日々感じることや伝えたいことをブログを通して発信していきたいと思います。

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. アバター Pekopoko より:

    私は感情が先に出てしまうタイプなので、将来子どもが生まれたらきちんと叱れる親になりたいです。

    理由をきちんと説明してあげるという点では大人相手と同様に捉える必要がありますね。

    勉強になりました。

    • アバター yuzu より:

      コメントありがとうございます!
      私自身も感情が出やすいので、自分を客観視するようにしています。
      子どもが納得できるような声かけができるようにしていきたいですよね(^ ^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です