【3歳4歳5歳】公園で子どもと一緒に楽しむ遊び方♫〜遊具がなくても楽しめますよ!〜

前回に引き続き、公園で子どもと一緒に楽しむ遊び方をお伝えしたいと思います(^ ^)

遊具がなくても楽しめる!

1歳2歳でもお伝えしましたが、3歳4歳5歳でも遊具がない公園で、充分に楽しめます☆

葉っぱ1枚、木の枝1本、石ころ1つでも子どもたちにとって遊び道具に変身します(^ ^)

私の働く園では、園庭の裏が山になっていて、冬の時期はたくさんの落ち葉が落ちています。

例えば、綺麗な色の葉っぱを集めて並べて遊んだり、落ち葉をたくさん集めて、葉っぱのシャワーを作って遊んだりしています。

ただ単にたくさんの葉っぱを集めてきて、山の上から落としてみたりと、全てが遊びに変身してしまいます(^ ^)

子どもたちは遊びの達人なので、なんでも遊びにかえてしまうことができてしまうのです!

【何かで遊ばせる】という発想をやめてみる

まつぼっくりもおもちゃになる!

公園で遊ぶのに、最近では、いろいろと規則が多くてできない遊びもあるかと思います。

【何かで遊ばせてあげないと子どもは退屈する】と思いがちですが、そういった発想をやめてみてください。

外遊びというのは、基本的になにもないところから始める方が子どもたちものびのびと遊ぶことができます☆

例えば、ボールがなければ、何か代用できるものはないか?

ここに松ぼっくりが落ちているから、松ぼっくりをボールに見立ててキャッチボールをしてみようなどと、遊びが発展していきます。

お母さんたちの方で色々な遊び道具を与えてしまったりすると、発想力が乏しくなり、何もない公園に行ってもなかなか遊べないということがあります。

しかし、そばで見守ることで子どもたちは、自分で遊びを見つけることが出来るようになってきます♫

そして、子どもが自分で遊びを見つけることが出来たら一緒に遊んでみても良いでしょう(^ ^)

生活リズムが整う

グッスリ眠れる♫

子どもの成長にとって【生活リズム】はとても大切です。

それには、外遊びはとても大切なことになります。

外でたくさん遊んで、運動するとおなかが空き、食事が進みます。

また、昼間たくさん動いて、疲れて早く寝ることができます。

しっかりと外で体を動かして疲れると、睡眠の質が良くなり、ぐっすり眠れるようになります。

これらを繰り返すことで、子どもの成長にとって良い生活リズムが身に付きます。

昼はたくさん遊んで、夜はたくさん寝ることが

子どもの成長にとって何より大切なことになります。

是非たくさん体を動かして健康的な生活にしましょう(^ ^)♫

☆まとめ☆

元気いっぱい遊ぼう!

いかがでしたか?

今回のテーマは【公園で遊ぶ】ことでしたが、公園には遊具がない場合があります。

ポイントとして

○遊具がなくても楽しめる

○何かで遊ばせるという発想をやめてみる

○生活リズムが整う

この3点をお伝えしました☆

公園でなくても広場などお家の近所にあるかと思います。

公園の遊具は魅力溢れるものがたくさんあります(^ ^)

子どもたちは、遊具で遊ぶことも大好きです!

しかし今回は、遊具がなくても充分に楽しめることをお伝えしたくて、ブログに書きました。

子どもと一緒に遊びに出かけた時に、お母さん方も是非一緒に遊んでみてください(^ ^)

子どもたちのユーモア溢れる発想力を楽しめるかと思います!(^ ^)♫

アバター

yuzu

yuzuです 大学を卒業後、幼稚園→一般職→保育園→幼稚園と働いてきました。 現在は、幼稚園で働いています。 経験年数は、今年で10年目です。 これまで300人以上の子どもたちを受けもちました。 保育者として日々感じることや伝えたいことをブログを通して発信していきたいと思います。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です