内気な子どもにイライラする時は?〜合言葉は『大丈夫だよ』〜3歳4歳5歳〜

恥ずかしい・・・

今日のテーマは【内気な子ども】です。

我が子が内気で引っ込み思案なんです・・・

イライラしてつい小言を言ってしまうということはありませんか?

そして、恥ずかしがりな我が子を見て、

【将来大丈夫かなぁ?】【じれったいなぁ】と感じることもあるかと思います。

しかし、内気な子どもはその子が持って生まれた【気質】です。

【内気な性格】というと、ネガティブなイメージがあるかもしれません・・・

しかし、内気な子どもが悪いわけでは、ありません。

活発で元気な子に育って欲しいと思われる方が多いかもしれませんが、活発な子、内気な子それぞれにいい面があるのです(^ ^)♫

今回はそんな内気な子どもとの関わり方をお伝えしたいと思います(^ ^)

3歳〜5歳までの幼児さんに焦点をあてたいと思います!

自分の気持ちを伝えるのが苦手なだけ

何て言ったらいいかわからない・・・

内気な子どもは、自分を表現することが、活発な子どもより苦手なのです。

○自分の考えをしっかり持っていても、中々友だちに伝えられない。

○優しい性格なので、友だちと争いたくない

○もともとそんなに主張がない

○恥ずかしがり屋さん

○人見知り

など様々です。

大人の私たちでも、人見知りな方やみんなの前で話をするのが苦手だ・・・という方もいますよね。

私自身も幼稚園教諭という職に就いていますが、子どもたちの前でお話することは平気でも、大人同士の前で何か話をしなければいけない時は、とても緊張してしまいます。

そんな時に、とっても安心する言葉がけがあります。

合言葉は『大丈夫だよ!』

大丈夫だよ!で安心するよ!

内気で引っ込み思案で自分の気持ちが中々言えない我が子を見ているともどかしい気持ちになりますよね。

しかし、子どもは10人いたら10人とも性格が違ってきます。

【たくさんの友だちと遊ぶことが好きな子】もいれば、【一人で遊ぶのが好きな子】もいます。

【人懐っこい子】もいれば、【友だちを作るのに時間がかかる子】もいます(^ ^)

「早くみんなと遊んでおいで!」

「言いたいことは、はっきり言うのよ!」

などと声かけしてしまうと、子どもにとって、ストレスになり、自分はダメなんだ・・・と自信を無くしてしまいます。

親の理想をおしつけずに、子どもの性格を尊重してあげて、【信じて見守ってあげる】ことが、大切になってくるのです(^ ^)

そして、不安そうにしてしまう子どもがいれば、『大丈夫だよ』と優しく伝えてあげてください。

『大丈夫だよ』と伝えてあげることで、内気な子どもたちは、お母さんに受け入れてもらえていると安心します。

そして、この【大丈夫】という言葉は、ついイライラしてしまった自分の気持ちにも、ホッと安心感を与えてくれるのです。

子どもにイライラしてしまった時は『大丈夫だよ』と自分自身に向けても心の中で言ってみてください(^ ^)

☆まとめ☆

一緒に遊ぼうね!

いかがでしたか?

内気な子どもにイライラしてしまう!というお母さん、内気な子どもは

○ 内気な子どもは、自分を表現することが、活発な子どもより苦手

なのです。

子どもに『大丈夫だよ』の言葉を伝えてあげて安心させてあげてください。

こうして、安心することで、少しずつ自分の気持ちが伝えられる子になっていきますよ(^ ^)☆

アバター

yuzu

yuzuです 大学を卒業後、幼稚園→一般職→保育園→幼稚園と働いてきました。 現在は、幼稚園で働いています。 経験年数は、今年で10年目です。 これまで300人以上の子どもたちを受けもちました。 保育者として日々感じることや伝えたいことをブログを通して発信していきたいと思います。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です