【食事】子どもの食べ物の好き嫌いの改善方法

子育ての悩みでトップにあがってくるのは【食事】ではないかと思います。

私も保護者の方からよく相談されます。

実際、給食の時間でも苦手な食べ物がある時はなかなか進まない子もいます。

今日はそんな【子どもの食事】のお話をしたいと思います!

野菜が苦手な子どもが多いのは何故??

苦手な子が多いのは何故?

苦手な食べ物としてよくあげられるのが【野菜】ではないでしょうか?

もともと野菜には苦味があるものが多く、苦い味は味覚が未熟な子どもにとっては、食べづらいようです。

そして、苦味は、腐敗物や毒物などの味なので、子どもは自らの命を守るために本能的に避けてしまうという説もあるようです。

なので、野菜が苦手=好き嫌いが多いというわけではないのです。

本能的に避けてしまうとしても、親の気持ちとしては、バランスよく栄養を摂って欲しいと思うのではないかと思います。

子どもの好き嫌いの傾向を知ろう

何が苦手かな?

子どもたちはまだまだ噛む力も未発達です。

サラダにした野菜や、炒めた野菜を食べるより、柔らかいパンやパスタなど柔らかい食材を好む傾向があります。

私のクラスの給食の時間でも、パンの日やパスタの日、ラーメンやうどんの日は(おかずに野菜があったり、栄養士さんがバランスよく献立をつくってくださっねいます。)

みんながお代わりをして、完食してしまいますが、野菜がメインの日は中々食が進みません・・・(^^;)

そして、たくさん残してしまって、とても勿体ないのです。

せっかく給食の先生が作って下さった料理を残飯にしてしまうのはとても心苦しくなります。

お母さん方も子どもたちのために一生懸命作った料理を食べてもらえないと悲しくなってしまうかと思います。

そんな時は、私は子どもたちの好き嫌いの傾向を見て、あらかじめ、量を少なく盛り付けたりしています。

そして、たくさん給食が残るのも勿体ないので、給食の先生と相談をして、給食の量を少なめにしてもらっています。

苦手な食材が出て来たら、少しの量を一口だけでも頑張ろうね!と声かけをしています。

最初は少量でも、一口頑張ればたくさん褒めます(^ ^)

食べられた!という本人の気持ちが大切です☆

頑張るぞ!

少量過ぎて栄養にならない!!

と不安になることもあるかもしれません。

しかし、子どもにとって、苦手な食べ物を食べることはとても苦痛に感じたり、ストレスになったりします。

初めは少量でも食べられたということで、お母さんに褒められた!ということがとても大切です。

もしかしたら、全く食べられないかもしれません。好きな物ばかり食べて、苦手な物は食べないということにイライラしてしまうかもしれません。

そんな時は、まずは、子どもが食べられる料理を作ってあげてください。

子どもが好きな食べ物が食卓に並ぶと子どもも安心します。

そんな時に、お子さんに「野菜も食べて欲しい」ということを伝えてみてください。

そして、何故野菜や苦手な物も食べなければいけないのかということを、子どもに伝えてあげてください。

そうすることで、子どもたちも「苦手だけど・・・頑張ってみようかなぁ。」という気持ちになります(^ ^)

子どもと一緒にチャレンジ!してみてください(^ ^)

食事の時に気をつけたいこと!

お菓子ばかり食べてませんか?

ここで、問題になるのは、苦手な物ばかりで食べられなかったから、おなかが空いた・・・( ;  ; )

と、なるのではないかということです。

これは私の知人の話なのですが、4歳のお子さんがいて、とっても偏食だそうです。

朝ごはんを食べなくて、お菓子なら食べられるそうです。

ご飯は食べない!と泣いてしまい、そのお母さんは、子どもが幼稚園でおなかを空かせたら可哀想だから・・・ということで、毎朝お菓子をあげているそうです。

これには父親も心配し、朝食を抜いても、お昼の給食にはご飯が食べられるんだから、朝からお菓子をあげなくてもいいのではないか・・・と言われているそうです。

その子もお母さんが優しいことを知っているので、朝ごはんひ食べたくないと泣いたら、お母さんからお菓子がもらえるということをわかっているんですよね・・・。

朝から泣いているのも可哀想だから・・・というお母さんの気持ちもとてもわかります。

しかし、お母さんが一生懸命作った朝ごはんを食べないで、お菓子を食べるのは栄養面で心配になります。

子どもが少量しか食べなくておなかが空いて泣いている時こそ、チャンスなのです。

『お腹が空くから、朝昼晩としっかり食事をしようね』ということを伝えることができます。

おやつの時間はきちんと決まった時間に食べるようにしましょうね(^ ^)

☆まとめ☆

楽しい食事を☆

いかがでしたか?

食事の中で、子どもたちが野菜が苦手な理由には本能的なものがあることがわかったかと思います。

子どもの好きな食べ物、嫌いな食べ物の傾向を知って、子どもと一緒にどこまで食べられるか話をして、少しずつ食べられるようになって欲しいと思います(^ ^)

是非、親子でチャレンジしてみて下さいね!

アバター

yuzu

yuzuです 大学を卒業後、幼稚園→一般職→保育園→幼稚園と働いてきました。 現在は、幼稚園で働いています。 経験年数は、今年で10年目です。 これまで300人以上の子どもたちを受けもちました。 保育者として日々感じることや伝えたいことをブログを通して発信していきたいと思います。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です