冬休みの過ごし方☆お正月編

1月1日は元旦ですね。残すところあと1日です。

前回、年末編を書かせて頂きましたが、今回はお正月編になります(^ ^)

お正月と言うと、親戚が集まったり、おせち料理を食べたり、お年玉をもらったり、かるたや凧揚げなど伝統遊びをしたりと普段と違うことをするかと思います♫

これらには全て意味があるのです(^ ^)

それではどのような意味があるのでしょうか??

非日常を味わうことが大切です☆

お正月は年の始まり、1年の始まりになります。

この節の変わり目に非日常を味わうことは人にとってとても大切なことになります。

非日常を味わうことで、体の中にエネルギーが充電されて、日常に戻った時、つまり、新学期が始まった時に円滑に活動することができます☆

おせち料理は普段食べないですよね?

おせち料理の中には縁起の良い食べ物がたくさんあり、普段食べないおせち料理を食べることで非日常を味わうことが出来ます。

おせち料理の他にも、

○初詣に行く

○かるた遊びや凧揚げなどの伝統遊びをする

○親戚が集まりお正月の挨拶をする

○お年玉をもらう

○家族で旅行に行く

これらも非日常に入ります(^ ^)

是非、非日常を満喫してみてください♫♫

日常の延長になってませんか?

着物を着るのも非日常です!

せっかくのお正月!家族でゆっくりお出かけしたいなと思われるかもしれません(^ ^)

とても良いことだと思います。

しかし、非日常を味わおう!と思って、いつもと同じ場所で買い物や外食などしてはいませんか??非日常とはいつもと違ったことをすることなので、日常の延長にならないように心がけてみてください(^ ^)

旅行なんて行けない!と思われる方のおススメの家族での非日常の過ごし方は、お正月の伝統遊びがおススメですよ(^ ^)

かるた遊びなど、意外と大人も白熱しませんか??笑笑

それではお正月の伝統遊びはどんなものがあるのか紹介したいと思います♫

今回は3つ紹介したいと思います(^ ^)

お正月の伝統遊び☆

その①羽根つき

羽根つきの由来は、中国からきています。

室町時代に、中国から羽根に硬貨をつけたものを蹴る遊びが伝来してきました。

江戸時代に入ると、羽根つきで、厄祓いできると信じられるようになりました。

羽根つきの羽根にも意味があります。

羽根のとぶ様子がとんぼに似ていることから、子供の病気の原因となる蚊に刺されないよう、蚊の天敵であるとんぼに見たてて、正月に羽根つきをするようになったと言われています。

その②凧揚げ

親子で凧揚げいいですね♫

凧揚げは、昔の中国では、占いや戦いの道具のひとつとされていました。

日本には平安時代に貴族の遊戯として入りました。

戦国時代になると、敵陣までの距離を測ったり、遠方へ放火する兵器としても活用されていたそうです。

江戸時代になると男の子の誕生祝いとして凧あげをするようになり、庶民の遊びとしても広まっていったのです。

凧が高くあがればあがるほど、願い事が神様に届き、元気に育つといわれていました。

その③かるた遊び

伝承遊びの【かるた】は、読み札と絵札を使ったカードゲームです。

百人一首を使った【百人一首かるた】と、いろは歌を使った【いろはかるた】があります。

かるたの語源はポルトガル語になります。

しかし、平安時代の貝合わせという遊びから由来するともいわれています。

○百人一首かるた

平安時代につくられた様々な和歌集を、鎌倉時代に京都の小倉山に住んでいた藤原定家が集めた「小倉百人一首」でできている。

宮中の遊びだったものが、江戸時代の木版画技術によって庶民に広がりました。

そして、お正月に楽しまれるようになりました。

○いろはかるたは

【犬も歩けば棒にあたる】など、ことわざを用いたものです。

子どもが遊びながら字やことわざを覚えられるようにと江戸時代後期に作られました。

このように伝統遊びの由来を知っていくと、なんだか、楽しいですよね!

 この機会に羽根つき、凧揚げやかるた遊びなどにも挑戦してみてください(^ ^)

お子さんも喜ばれます!

☆まとめ☆

いかがでしたか?

お正月に非日常を味わうことで、普段の生活との気持ちの切り替えが出来、元気も出てきます!

親子でお正月を楽しみ、新たしい気持ちで1年を迎えたいですね!(^ ^)☆

アバター

yuzu

yuzuです 大学を卒業後、幼稚園→一般職→保育園→幼稚園と働いてきました。 現在は、幼稚園で働いています。 経験年数は、今年で10年目です。 これまで300人以上の子どもたちを受けもちました。 保育者として日々感じることや伝えたいことをブログを通して発信していきたいと思います。

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2020年1月4日

    […] 前回紹介した伝統遊び […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です