子供の室内遊び~親子で楽しもう!~10アイディア~☆その①

コロナウィルスの影響で全国的に幼稚園や学校がお休みになりました。

不要不急の外出はなるべくしないようにと、言われ、外にも中々出ることが出来ずにストレスも溜まってしまいますよね。

毎日お家にあるおもちゃで遊んでいると飽きてきます。

かといって新しいおもちゃを買ってあげるわけにもいかないですよね。

今回は、子供達が退屈しないで夢中になれるものを紹介します(^^♪

作って遊ぼう!

紙とペンがあれば、簡単にできます!

そして、作るまでの過程も楽しむことが出来ますよ☆

すごろく

既製品のすごろくも楽しいですが、せっかく長い時間お家にいるので、自分ですごろくを作ってみましょう(^^♪

紙以外に画用紙や模造紙などあればよりおもしろいものが出来ます。

すごろくのテーマは子供と一緒に考えても楽しいですね!

すごろくではなく、人生ゲームにしても良いと思います☆

着せ替え人形

こちらも紙とペンがあれば出来ます!

もし子供が人形の顔を描くのが難しそうであれば、お母さんが手伝ってあげても良いかもしれません。

空き箱や廃材が自宅にあるなら、お家や家具を作っても楽しいですね♪

トランプ

トランプ全部を手描きにするのは根気がいりますが、出来上がると達成感がありそうですよね。

実際、私の働く園で、5歳児さんが自由遊びの時間にトランプを手描きで描いて作っていました(^^♪

出来上がったら、お友達とトランプゲームをしていて盛り上がっていましたよ!

かるた

かるたは、子供と一緒に食べ物や乗り物、すきなキャラクターなど、テーマを決めて作っても楽しそうですね☆

文字がまだ書けない・・・なら文字はお母さん担当、絵はお子さん担当とわけても良いでしょう。

迷路

最初は簡単な迷路から始めて段々と難しいのにチャレンジすると楽しそうですね!

こちらも色々テーマを決めても良いと思います(^^)

廃材を使って工作遊び

自宅にいる時間が長くなり、生活用品の廃材も増えたのではないでしょうか?

お菓子の空き箱やトイレットペーパーの芯などを使って工作遊びをしてみてはどうでしょうか?

子供達の素敵な発想に驚かされるかと思います♪

何を作っていいかわからない・・・と困っていたら、想像しやすいように作る前に子供のお気に入りの絵本を読み聞かせてあげても良いですね☆

造形遊び☆こねると楽しい

小麦粉粘土

小麦粉粘土は主原料が小麦で出来ているため、何でも口に入れてしまう年齢の子供でも安心して使うことができます。

初めての粘土遊びに適しています。

しかし、小麦アレルギーの子供の使用は避けてください。

【小麦粉粘土の作り方】

(材料)

小麦粉:1カップ

水:1/3カップ

油:少々

塩:小さじ1

※色をつける場合は食用色素:適量

(作り方)

1.ボウルに入れた小麦粉に塩を入れる。(塩は傷みにくくするため)

2.サラダ油を加える。

3. 水をちょうど良い硬さになるまで少しずつ入れて、よく混ぜる。(色をつける時はここで入れる)

4.出来上がり

紙粘土

紙粘土は100均などで購入出来ます。

紙粘土は、自分の好きな形を作ることが出来ます。

乾燥した後に色を塗ることもできます☆

色塗りがしたい時は、乾燥には時間がかかるので、しっかり乾燥した後に行いましょう。

色塗りをしなくても十分素敵に仕上がりますよ(^^♪

なぞなぞ遊び

なぞなぞを考えてみよう

クイズの本を使ってクイズを出すのも楽しいですが、お母さんとお子さんで自分たちで考えて出し合いっこすると盛り上がりますよ!

何種類できるかな?(^^♪

しりとり遊び~お題を決めよう

しりとり→りんご→ごりら→ラッパなどの王道な流れではなく、テーマを決めて取り組んでみると、しりとり遊びがもっと盛り上がります!

例えば「食べ物」「3文字の言葉」「好きなキャラクター」など、制限を設けて、考えるのも楽しんでみて下さい♪

きっと家の中に笑いがおきますよ(^^)/

☆まとめ☆

いかがでしたか?

今回、室内で楽しめる遊びを紹介しました。

毎日コロナウィルスのニュースが続く中、いつ子供達が自由に幼稚園や学校に行けるようになるかわからなく、不安な日々を過ごされているかと思います。

しかし、こんな時こそ、お家の中で様々な工夫をして自宅で笑顔が絶えない日々を過ごしていただきたいと思います。

そんなお手伝いが出来ればと感じています。

次回は室内遊びその②を紹介出来ればと思います♪

アバター

yuzu

yuzuです 大学を卒業後、幼稚園→一般職→保育園→幼稚園と働いてきました。 現在は、幼稚園で働いています。 経験年数は、今年で10年目です。 これまで300人以上の子どもたちを受けもちました。 保育者として日々感じることや伝えたいことをブログを通して発信していきたいと思います。

あわせて読みたい

1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です