【こだわり強い子供】こだわりを持つことは成長するうえで大切なこと

ブログで何度か言葉にしていますが、子供が将来、自立出来る為に、【自由に生きる力】を育てて欲しいと願っています。

そんな自由に生きる力を育てるのに必要なのが、【強いこだわりを持つこと】でもあります。

この強いこだわりを持つ時期は、モンテッソーリ教育では【敏感期】と呼ばれています。

強いこだわりを持つ子供のイメージはどんなイメージでしょうか?

我が強くて困る・・・我がままだなあなどと感じますか?

しかし、この強いこだわりを持つことは、成長段階で必ずあります。

イヤイヤ期とも言いますが、今日はこのこだわりの強い子供のお話をしていきたいと思います☆

敏感期とは?

敏感期という言葉はあまり耳慣れない言葉ではないでしょうか?

私も大学時代に、幼児教育でモンテッソーリ教育を学んだ時に初めて聞いた言葉です。

敏感期とは、「これがしたい!」と強く思う気持ちがあらわれる時期のことです。

モンテッソーリ教育では、この敏感期の子供の邪魔をしないで、心ゆくまで打ち込ませてあげることが大切であると言われています。

何に対して、いつ敏感期が始まるのかは、一人一人、違っています。

ある子供は、崩れない泥団子を作るために、朝から晩まで砂場で試行錯誤します。

ある子供はお兄ちゃんが鉄棒で逆上がりしているのを見て、自分も出来るようになろうと、毎日練習をします。

ある子供は、折り紙の鶴の折り方を教えてもらって、その日から何週間も鶴を折り続けます。

このように、何時間でも何日でも同じことを繰り返します。

自分の中で心ゆくまで打ち込んで、達成して、満足します。

満足が出来たら、また別の敏感期に入っていきます。

子供達は、一人一人違う敏感期を持っています。

そして、敏感期とは、何かに対して強いこだわりを見せる時期のことです。

真っすぐ成長して、その分野の力を伸ばすために必要なことです。

人間の基礎をつくる大事な時期なのです。

なので、子供の欲求を気持ちよく認めてあげて、その強いこだわりを我がままと捉えないで欲しいと思います。

【事例】毎日上下赤い服を着るA君

これは私が保育園で、働いていた時の話です。

保育園は私服登園なので、毎日私服で子供達は保育園に来ます。

2歳児クラスでの話ですが、A君という男の子がいました。

A君は毎日上下赤の服で登園してきます。

靴も靴下も赤です。

大人からすると、「えっ!?なんでそんな変な恰好するの!?」と言いたくなりますが、決してそのような反応はしないであげて下さい。

子供にとってこれは、同じ服を毎日着ようとする【習慣】にこだわる敏感期なのです。

子供は同じことを同じようにするという【習慣】の力を身に着けようとしているだけでなく、この洋服選びにおいて【選択する力】も磨いているのです。

自分のこだわりで、きちんと洋服を選んでいるのです。

A君は外遊びでその上下赤色の服が汚れて着替えないといけなくなった時も、着替えの服が赤色ではなかったので、頑なに拒否しました(^-^;

どうしても赤い服が良いというこだわりだったので、その日は汚れた赤い服を一日中着ていました。

そのことがあってから、お母さんも着替えの洋服も赤に統一して、しばらく赤色のこだわりが続いたA君でした。

敏感期が過ぎたら、赤へのこだわりが無くなり、色々な色の洋服が着られるようになりましたよ(^^)

子供に【わがまま】と決めつけないで

このように、敏感期には色々なものがあります。

赤いものがいいや、鶴を折ることにこだわっているなどは、個人のことなので、見守りやすいかと思います。

しかし、よくお母さん方が悩まれるのは、【独り占め】に関しての強いこだわりではないでしょうか。

子供達は【独り占め】という行為を通して、【所有】という概念を学んでいます。

なので、子供がおもちゃや何かを独り占めしていたら、「まだ、使いたいんだね。」と、まずはその気持ちを認めてあげて下さい。

気持ちを認めてあげたうえで、どうしても友達に貸してあげなければいけない時は、子供に決めさせるようにして下さい。

「○○くんも遊びたいみたいだから、どれなら貸せるかな?」

「3つあるから、1つ貸してあげようか?」

など聞いてあげてみて下さい。

大切なのは、子供のことを【わがまま】と決めつけないことです。

☆おわりに☆

いかがでしたか?

子供の敏感期は本能とも言われます。

何かに対して強いこだわりを持つということは、成長するうえで、不可欠な行動なのです。

この行動を私達大人は【イヤイヤ期】と呼んでいるのです。

子供達は、一生懸命に、将来の才能や人間関係、社会性などに関わる基礎をつくっています。

それらを叱ったり、やめさせたりしないで、見守れるようにして行って欲しいと願います。

アバター

yuzu

yuzuです 大学を卒業後、幼稚園→一般職→保育園→幼稚園と働いてきました。 現在は、幼稚園で働いています。 経験年数は、今年で10年目です。 これまで300人以上の子どもたちを受けもちました。 保育者として日々感じることや伝えたいことをブログを通して発信していきたいと思います。

あわせて読みたい

1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です