【注意!】赤ちゃんの熱中症

前回、子供の熱中症予防について書かせて頂きました。

前回の記事はこちら→【子供】熱中症予防・マスクの使い方に注意!

今回は赤ちゃんの熱中症のお話をしたいと思います。

まだまだ暑い日が続き、熱中症に気をつけなければいけません。

赤ちゃんの熱中症対策も気をつけましょう!

熱中症とは

熱中症とは、気温・室温が高く湿度が高いと怒りやすくなります。

そして、そういった環境によって、自身の体温調節の働きに異常が起きてしまう病気です。

蒸し暑い日には特に注意が必要になります。

生まれたての赤ちゃんや、乳児・幼児期の子供は体温の調節機能が、まだまだ未発達なので、熱中症になりやすいとも言われているのです。

気をつけることは?

赤ちゃんが熱中症にならないために気をつけないといけないことがあります。

・外出する時は帽子をかぶり、風通しが良く涼しい服を選ぶ。

・車で出かけた時、少しの時間でも車内に残して離れない。エアコンをつけていたとしても、重大な事故の原因にもなるので止めておきましょう。

・水分を小まめに補給する。

・ベビーカーに乗っている赤ちゃんは大人よりも地面に近いので、照り返しを受けやすいです。外に出かける時は、日差しが強い正午から午後3時くらいまではなるべく避けてください。

赤ちゃんが熱中症になった時の症状と対応方法

次は熱中症になってしまった時の症状と対応方法です。

症状

・顔が火照っている。

・皮膚が乾燥している。

・泣き声が弱々しい、または泣かない。

・触れると身体が熱い。

・グッタリしている。

・吐いている。

・ミルクやおっぱいを飲みたがらない。

・うんちやおしっこの量が少ない。

対応方法

これらの症状がでた時、赤ちゃんを涼しい場所へ移動させて下さい。

そして、着ている服をゆるめて風通しをよくして身体を冷やして下さい。

水分や塩分をあげることも忘れないで下さい。

これらの対応をして、症状が良くならない場合は病院に行って下さい。

また、フラフラしていたり、ぼーっとしている時は真っ先に病院に行きましょう。

意識がない、けいれんを起こしたなどは、救急車を呼ぶようにして下さい。

水分補給の飲み物の選び方

熱中症にならないようにするために小まめな水分補給が大切であることをお伝えしました。

では、飲み物の選び方はどのようにすれば良いのでしょうか。

赤ちゃんや小さい子供の水分補給には水がベストだと言われています。

それ以外は飲み方や選び方に注意して下さい。

【水道水】

そのまま飲ませても問題ありませんが、調乳に使う場合は、一度煮沸させて冷ました方が良いです。

【ミネラルウォーター】

ミネラルウォーターだと軟水が良いと言われています。

ミネラルの多い硬水は赤ちゃんや小さい子供の腎臓に負担がかかります。

【お茶】

ノンカフェインのものを選びましょう。

また、利尿作用のあるものは避けて下さい。

【ジュース】

糖分が多いのでお水代わりに飲むのはNGです。

食事を摂らなくなったり、虫歯になるリスクもあるので、なるべく避けましょう。

【乳児用イオン飲料】

一般に販売されているイオン飲料は糖分が多いです。

糖分濃度の低い乳児用イオン飲料を選びましょう。

☆おわりに☆

いかがでしたか?

毎日暑い日が続きますが、赤ちゃんや小さい子供は、短時間で水分が失われてしまうので、熱中症への注意が特に必要になります。

喉が渇く前に小まめに水分補給することを忘れないようにしたいですね。

大人の私達も気を付けて、熱中症対策をしていきましょう!

アバター

yuzu

yuzuです 大学を卒業後、幼稚園→一般職→保育園→幼稚園と働いてきました。 現在は、幼稚園で働いています。 経験年数は、今年で10年目です。 これまで300人以上の子どもたちを受けもちました。 保育者として日々感じることや伝えたいことをブログを通して発信していきたいと思います。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です