年齢別にみる、子供の成長と食育

食事は私達が生活していく上で欠かせません。

現代では、食文化が多様化していっており、食事を正しく選択していく力が必要になっていきます。

そんな中、食育の大切さに気付き、色々と学ばれている親御さんも多いのではないでしょうか。

今回は食育のお話をしたいと思います☆

子供の食育とは

一言で食育と言いますが、食育とは何なのでしょうか。

食育とは、正しい食を選ぶ力を培い、食事作法を身に付けて、食事環境に目を向けることです。

乳幼児期から正しく食に触れて、楽しく食べる子供に成長出来るように、厚生労働省では次の5つを子供の食育の目標としています。

【食育の目標】

お腹が空くリズムの持てる子供

食べたい物、好きな物が増える子供

一緒に食べたい人がいる子供

食事作り、準備に関わる子供

食べ物を話題にする子供

食育とは、知識ももちろん大切ではありますが、どの年代も生活リズムを整える、季節の食材に触れる、家族との会話が生まれ、楽しく食べるなどが一番の食育になります。

もし、食事中に子供が好き嫌いをして、食べられない・・・などがあっても無理強いはしないで、リラックスして食事をすることを心がけてみて下さい。

食育の大切さ

食育はとても大切です。

食育のメリットは健康で強い体を作るだけではありません。

子供達が成長していく上で、必要な知識や豊かな心を育んでくれます。

【食育のメリット】

・旬の食材に触れたり、料理を一緒に作ることで、五感を育むことが出来る。

・地域の産物や歴史など、食文化を理解して、大切に出来る。

・自分の体や食に関する関心が高まる。そして、必要な栄養や食事のバランスを身に付けて、健康的になる。

・社会性やマナーを身に付けて、食べ物やそれに関わる人々に感謝する気持ちが育つ。

年齢別での食育の目標

それでは、次は年齢別での食育のおおよその目標を見ていきたいと思います☆

これらを参考にしてみて下さいね。

0歳~

【食べる意欲を育てる】

食べ物に興味を持って、食べる楽しさを育む時期です。

「おいしいね。」「○○(食べ物の名前)だね。」などと、声を掛けながら、楽しんで食べられるようにしてみましょう。

1歳~

【食事の習慣や態度に関心を持つ。】

自分で進んで食事をしようとします。

そして、「いただきます。」「ごちそうさまでした。」の食事の挨拶を覚えます。

食べ物が出てくる絵本や、一緒に食事をする時によく噛んで食べる様子を見せるなど、色々な食べ物を見たり触ったり、味わうことをしてみましょう。

2歳~

【色々な種類の食べ物を食べる】

この時期になると最後まで一人で食べようとしてきます。

また、家族で会話をしながら一緒に食事をすることで、食べる楽しさを経験していきます。

食べ物に興味を持つようになります。

レタスをちぎるなど、簡単なお手伝いをしてもらって、調理前の野菜に触れるようにさせてみましょう。

3歳~

【色々な食材に触れ、食事のマナーを知る】

身近な人と一緒に食べる楽しさを知っていく時期です。

心を込めて「いただきます。」や「ごちそうさま。」の挨拶が出来るようになってきます。

また、口に食べ物を入れたまま喋らない、立ち歩かないなど、食事のマナーを伝えていくようにしてみましょう。

お箸の練習は子供の遊びの中で、軽いものを掴むなどから始めてみて下さい。

4歳~

【身近な人と一緒に食べる楽しさを感じる】

食べ方や食事のマナーが3歳から通して、身についていく時期です。

そして、家族と食事をする楽しさを味わうことが出来るようになっていきます。

手先が少しずつ器用になっていくので、ゆで卵の殻をむく、手でむける野菜の皮むきなどのお手伝いに挑戦してみましょう。

また、ご飯やおかずなどの食器を運んだり、食べた食器を片づけるなどのお手伝いも経験させていきたいですね。

5歳~

【食べ物と体の関係に関心を持つ】

食べ物やそれに関わる人への感謝の気持ちを持つことが出来るようになってくる。

食べ物の栄養や健康について考えられるようになることを目標にしていくことが大切です。

料理のお手伝いでは、卵を割る、皮むき器で皮をむく、子供用の包丁などの道具を使って調理にチャレンジ出来るようになると良いですね☆

(必ず大人の人と一緒にしましょう。)

☆おわりに☆

いかがでしたか。

年齢別ごとに食育の目標をあげてみましたが、どれも必ず出来るようにならなければいけないということはありません。

まずは、食べ物や食事に興味を持つことが大切です。

家族みんなで楽しい食事が出来ると良いですね☆(^^♪☆

こちらのブログも良かったら読んでみてください☆

【子供の食育】食事は陶器の食器が良い理由

アバター

yuzu

yuzuです 大学を卒業後、幼稚園→一般職→保育園→幼稚園と働いてきました。 現在は、幼稚園で働いています。 経験年数は、今年で10年目です。 これまで300人以上の子どもたちを受けもちました。 保育者として日々感じることや伝えたいことをブログを通して発信していきたいと思います。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です