ハロウィンの由来☆

10月に入りましたね!

10月といえば、大きなイベントはハロウィンではないでしょうか?(^^♪

ハロウィンはもともと、日本にはそこまで馴染みがありませんでした。

ここ最近では、ハロウィンの日に東京の渋谷の交差点で仮装している人たちが練り歩いているのが印象的なのではなでしょうか。

みんな何となく仮装するのが楽しくてハロウィンを楽しんでいる感じがしますが、ハロウィンって一体どういった行事なの?

と疑問に思うことはありませんか?

今日はハロウィンの由来のお話をしたいと思います。

そして、ハロウィンとはどういったものなのかを知った上で、子供達と楽しんでもらえたらと思います☆

ハロウィンの由来とは?

ハロウィンと言えば、先程も書きましたが、みんなでカボチャのジャックオーランタンや、ドラキュラ、フランケンシュタイン、またはハロウィンとは全くかけ離れた仮装をして、大通りを闊歩していくといった姿が印象的です。

しかし、ハロウィンの由来は、そういった楽しい仮装とはかけ離れた由来があるのです。

ハロウィンとは、日本で言うところの【お盆】にあたります。

死者の霊が親族の所に訪れる夜とされている風習なのです。

これは、古代ケルト人の秋の収穫の感謝愛に起原があるとされています。

古代ケルト暦では、10月31日が一年の終わりとされています。

この日は、この世とあの世の境目がなくなり、死者の霊が親族を訪れる夜とされていました。

しかし、同時に悪霊、魔物も一緒にこの世に現れてしまうので、農作物が荒らされてしまったり、魂を取られたり、子供をさらっていったりする・・・

といったような災いもあると言われていました。

そこで、魔物に魂を取られてしまわないように、人々は、自分達から魔物の恰好をして、悪霊や魔物から身を守っていたのです。

現代での仮装はここからきていて、仮装をするのは、悪霊たちから身を守るためのものだったのです。

その他にも、同じ仲間の恰好をしていることで、悪霊を騙す、怖い恰好をして、悪霊を退散させるといったお話も言われています。

こうして、そこから時代を経て、本来は宗教色の強い風習であったものが、米国などの影響もあり、かぼちゃの中身をくりぬいて作られた【ジャック・オー・ランタン】と呼ばれるランプが作られました。

また、子供達が魔女やドラキュラに仮装して、色々な家を回ってお菓子をもらう、【トリック・オア・トリート】などの風習も生まれました。

それが日本へと伝わってきて、現在では徐々に仮装パーティのように変化していったのです。

ハロウィンを子供達にわかりやすくお話してみよう

ハロウィンの由来はわかりましたね(^^)☆

では、子供たちにわかりやすくハロウィンのお話をするために簡単にまとめたいと思います。

ある国でのお話です。
10月31日が一年の終わりの国がありました。
この日は、死んだ人のお化けがこの世に帰ってくる日なのです。
このお化け達は、人間に取りついて、あの世へ連れて行こうとします。
そこで、お化けが怖い人々は、「お化けの恰好をして仲間だと思わせよう!」と考えました。
すると、お化け達は、お化けの恰好をした人々を仲間だと勘違いをしました。
さらに、その恰好が怖くて逃げていくお化けもいました。
こうして、人々は10月31日に、お化けの恰好をして、悪いお化け達から身を守るようになったのでした。

いつの時代でも、お化けや霊といったものは形が見えなくても怖いものです。

それは、子供であっても、大人であっても、そのような存在が認識出来ないために、色々と想像を膨らましてしまいます。

また、日本に伝わっているハロウィンでは、仮装の他にもお菓子をもらうといった風習もあります。

その風習もみていきたいと思います。

ハロウィンでお菓子をもらうようになったきっかけとは?

死者の霊がこの世に降りてくるというお話ですが、そこで人々は悪霊を鎮めるために、供物を差し出して悪霊を鎮めていたとされています。

そして、それを差し出さなかった家には災いが起こると信じられていました。

キリスト教では、11月2日(死者の日)になると【魂のケーキ】をもらいながら、次々と村を歩きました。

そして、ケーキを貰う時に、死者の霊が天国へ行けるようにお祈りをすると約束していたのです。

これらが、現代の子供達が悪霊の仮装をしてTrick or treat(トリック・オア・トリート)

「何かくれないといたずらするぞ!」といってお菓子をもらうようになっていったことに繋がります。

☆おわりに☆

いかがでしたか?

ハロウィンとはもともとは、宗教的な意味合いが強いもので、日本のお盆と同じような感じの行事でした。

由来をしっかり知ったうえでハロウィンを楽しむと子供達もより楽しめるのではないでしょうか。

また今年はコロナの影響で、仮装して街中を歩くのは難しいかもしれませんが、お家の中で家族と一緒に、仮装をしてハロウィンを楽しむのも良いかもしれませんね!(^^)♡

アバター

yuzu

yuzuです 大学を卒業後、幼稚園→一般職→保育園→幼稚園と働いてきました。 現在は、幼稚園で働いています。 経験年数は、今年で10年目です。 これまで300人以上の子どもたちを受けもちました。 保育者として日々感じることや伝えたいことをブログを通して発信していきたいと思います。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です