【子供】場面緘黙症・安心できる環境を整える

今回は場面緘黙症のお話です。

場面緘黙症という言葉は近年出てきた言葉です。

場面緘黙症という言葉は私が新任の頃は聞きなれない言葉でした。

子供に発症しやすい症状で、家族を相手にすれば自由に話が出来ますが、幼稚園や保育園、学校などの特定の場所では声を出して話をすることが出来ない状況になります。

この症状の子供達は常に外では緊張している状態です。

私自身、これまで場面緘黙症の子供と接したことがなく、イメージがしにくかったのですが、今年度受け持った子供の中に、もしかして・・・?

というお子さんがいらっしゃって、場面緘黙症という言葉を知りました。

もしかしてうちの子は場面緘黙症なのかも?

または、場面緘黙症であると診断された時の保育士目線からの対応方法をお伝えしたいと思います。

場面緘黙症とは

場面緘黙症とは、先程も述べましたが、家族を相手にすれば自由に話が出来ますが、幼稚園や保育園、学校などの特定の場所では声を出して話をすることが出来ない状況のことを言います。

子供に発症することがほとんどだと言われており、性格によるものとして見過ごされてしまいがちになっていることが問題となっています。

見過ごされたまま大人になって、症状が持続してしまうと、本人にとって生きにくさを感じながら生活してしまうこともあります。

場面緘黙症は早期発見が必要であると言われています。

また、一見、内気な性格である・・・物静かな子供である・・・手がかからない・・・と誤解されて、見過ごされたまま大人になってしまう子も中にはいて、それが問題になりつつあります。

それでは、場面緘黙症とは、どういったものかみていきたいと思います。

環境の変化に敏感になる

場面緘黙症では、家の中や家族など、本人にとって安全と感じられる場所では、普通に話をすることが出来ます。

しかし、一歩外に出ると、周りから自分自身がどのように見られているのかとても敏感になり、恐怖を感じて話が出来なくなってしまいます。

自分から話す場面を人に聞かれたり、見られたりすることに対して強い恐怖を持ってしまいます。

大人しい性格だから話をしない・・・と誤解されやすいのですが、そうではないのです。

大人しく、問題行動をおこさない子が多いので、幼稚園や保育園、学校でも見過ごされてしまうケースがあります。

その不安になる気持ちは、私たちの想像を超えるくらいの不安な状態になってしまいます。

この不安に感じていることに気付いてあげる必要があります。

場面緘黙の子供との関わり方

子供自身も何故、自分自身が話せなくなってしまうのか分かっていないことが、ほとんどだと言われています。

しかし、自分の意思によってわざと話をしないと誤解されてしまうこともあります。

誤解をしないで、子供に寄り添ってあげる必要があります。

それでは、場面緘黙症の症状でどのようなものがあるのか見ていきたいと思います。

主な症状

・不安になりやすい
・緊張しやすい
・学校でトイレに行きたいと先生に言うことが出来ない
・幼稚園や保育園、学校などの集団で活動をする時に動こうと思っても、ぎこちなくなってしまう。または、動けなくなる。
・みんなの前で質問された時に答えることができない、手を挙げることが出来ない

場面緘黙症の子供は過度に【不安になりやすい】【緊張しやすい】ことが分かります。

何か話したいことがあっても中々思うように話せないこともあり、「何を考えているのか、話して!」と言われても話をすることが出来ないことがあります。

逆に大人からそのように言われて、余計に不安になり、緊張してしまうので、子供が安心できる環境にしてあげることが大切になります。

「大丈夫だよ。話せるようになったら教えてね。」など、子供にとって安心できる言葉をかけてあげたいですね。

また、自分の気持ちを表現することが苦手なので、「はい。」か「いいえ。」または、「AとBならどちらが良いですか?」など、答えが決まっている質問をしてあげると答えやすくなります。

【実例】幼稚園で安心して生活できるためには

場面緘黙症の子供たちは、場面緘黙症でない子供達に比べて、強いストレスを抱えて幼稚園で過ごしています。

ほんの些細なことでも不安を感じてしまいます。

時には私達大人がそんなことで!?と思うようなことでも不安に感じてしまいます。

なので、出来るだけその不安を取り除いてあげる支援が必要になります。

トイレに行きたいと言えないA君

私の受け持った子供の中に、場面緘黙症なのではないか?という子供がいました。

その子は家や近所の友達の前では活発で普通に話も出来、何も問題なく過ごせていました。

しかし、幼稚園に来ると、話をすることが出来なくなります。

本人も何故話が出来なくなるかわからないとお母さんに伝えていたようで、どういった時に不安になるのか、お母さんからその子に聞いてもらうことにしました。

すると、トイレに行きたい時に先生に「トイレに行きたい。」と伝えることが緊張して言えないことや、毎日の活動の見通しが立たないと不安になることを教えてくれました。

トイレの件は先生に言わなくても行きたくなったら、先生に言わなくても行ってきていいよと伝えることで、解決しました。

しばらくしてから、安心できるようになったのか、私の回りに他の子供がいない時には「トイレに行ってきます。」と言えるようになりました。

自分から声が掛けられないBちゃん

Bちゃんは、折り紙やお絵かきが大好きな女の子です。

最初は物静かな子だなぁ・・・と思っていましたが、新学期、新しいクラスでBちゃんを受け持ち、一日の中でBちゃんの声を聞くことがない日が続き、私もあれ?もしかして・・・と思うようになりました。

Bちゃんは仲の良いお友達がいますが、消極的で、友達が誘ってくれるのを待っています。

とても受身で、困っていることがあっても自分から言葉では伝えず、私のそばに来てじっと言葉をかけてもらうのを待っています。

大人しい性格なのだと思い、私もすぐに何に困っているのか察知して、「○○して欲しいのかな?」「これは××だよ。」などの声掛けをしていました。

しかし、そうすることで元々言葉数が少ないBちゃんの言葉がなくなってしまったので、出来るだけ安心できる環境になるように配慮しながら、「○○と××ならどっちがいい?言葉で教えてね。」と声掛けするように変えていきました。

そうすることで、言葉で伝えるという練習をしていくことで、少しずつ話をする機会を作っていっています。

まだまだ言葉数は少ないですが頑張っています。

先日、折り紙の折り方がわからない時に「折り方、教えてください。」と伝えに来ることが出来ましたよ(^^)

このように、子供のペースに合わせて、幼稚園や保育園、学校が安心出来る場所になると、子供たちの不安や緊張も和らいでいきます。

☆おわりに☆

いかがでしたか。

場面緘黙症という症状は現段階では、まだまだ研究段階であり、よく分かっていないところも多くあると言われています。

そんな中でも他の子供と関わる経験が少ない、社会性の未熟さによって発症するとも言われています。

また、環境の変化や人間関係などのストレスがきっかけになることもあるとも言われています。

共通して言えることは、【不安になりやすい】【緊張しやすい】ことが挙げられているので、子供達にとって安心出来る環境を作っていってほしいと思います。

今回のお話は私の受け持った子供の症例を出しましたが、これはほんの一部です。

色々な症例がありますので、もしかして、うちの子は場面緘黙症?と思った時は、園や学校の先生、スクールカウンセラーに相談してみて下さいね。

今では、幼稚園や保育園、小学校で、専門の先生を雇って、月に何度か気軽に相談できる所もあります。

そういった専門の先生方も身近な存在になりつつあります。

場面緘黙症の子供の状態の理解者が周りに多いことが必要となってきます。

気を付けたいことは、子供が話さないことを責めたり、みんなの前で話をすることを強要しないことが大切です。

あたたかく見守り、話掛けてあげて下さいね。

場面緘黙についてのお勧めの本を紹介します。

yuzu

yuzuです 大学を卒業後、幼稚園→一般職→保育園→幼稚園と働いてきました。 現在は、幼稚園で働いています。 経験年数は、今年で10年目です。 これまで300人以上の子どもたちを受けもちました。 保育者として日々感じることや伝えたいことをブログを通して発信していきたいと思います。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です