落ち着きのない子供の接し方

今回は落ち着きのない子供の接し方のお話です。

我が子は、何だか落ち着きがないなあ・・・大丈夫かな?と、不安になることはありますか?

もしかして、発達障害かも・・・とすぐに発達障害と結びつけてしまうのはちょっと待ってください。

子供の落ち着きのなさは、その子の性格や性質、または成長過程の一つである可能性もあるのです。

まずは、子供自身を見てあげるようにしていて下さい。

どういった理由から落ち着きがないのかみていきたいと思います。

落ち着きのない原因を考える

性格・性質である

子供の中には、元々の性格で落ち着きがないという子も中にはいます。

そんな場合は、ひと呼吸おいてゆっくり考えてみる時間を作ってあげるようにしてみて下さい。

焦らなくても大丈夫であることを教えてあげて下さいね。

成長段階である

子供の脳は大人のように発達しておらず、目の前のことに集中し、全体を把握する能力が育ちきっていない状態です。

そのために、周りに合わせることができずに、衝動的に行動に出てしまうことがあります。

情緒が不安定である

子供は情緒も不安定になりやすいです。

心配事があったり、親から叱られてしまったり、気になることがあると落ち着きなくなってしあうことがあります。

また、親から叱られ過ぎて、自分は親から愛されていないのだ・・・と勘違いして、情緒が不安定になり、落ち着きのない行動に出てしまうこともあります。

親や周りから注目を集めたい

親に自分を見て欲しい、構ってもらいたい、周囲から認められたい、などという思いが大きいと、無意識に落ち着きのない行動を取ってしまうことがあります。

自分の思い通りにしたい

いつも家で自分の言うことを聞いてもらえる家庭に育った子供は、いつでもどんな時でも自分の思い通りになると勘違いしてしまうことがあります。

そうなると、その場での決まり事に従うのがしんどくなり、自分自身をコントロールするのが難しくなることもあります。

【事例】情緒が不安定なA君と、自分の思い通りにしたいB君

情緒が不安定なA君と自分の思い通りにしたいB君がいました。

A君はお母さんからはとても大切に育ててもらっていますが、自分の中で不安なことがあると、落ち着きなくなってしまいます。

情緒が不安定になり、その気持ちを落ち着かせようとすると、あっちへウロウロ、こっちへウロウロと動き回ります。

そして、マシンガントークになり、お喋りが止まらなくなり、手が出てしまうこともあります。

本人に悪気はなく、不安な気持ちを落ち着かせようとしているのですが、周りが見ると、何て落ち着きのない子なのだ・・・乱暴な子だなと勘違いされてしまうこともあります。

A君の情緒が不安定にならないように、事前に予定を伝えたり、見通しが立つようにしてあげることで、少しずつ落ち着くことが出来るようになりました。

子供自身が安心出来る環境というのはとても大切なことなのです。

また、自分の思い通りにしたいB君は、家でとても大切に育てられて、何でもB君の思い通りに過ごせる環境でした。

お母さんもとても優しい方で、何でもB君の話を聞いてあげて、B君の好きなように過ごさせていました。

するとB君は、幼稚園でも同じように行動するので我慢が出来ず好き勝手な行動ばかり取るようになってしまいました。

すると周りからはいつも好き勝手して、落ち着きないなと思われるようになってしまいました。

B君には、家と幼稚園は別であること、ルールや約束事があることを根気よく伝えていくことで、我慢することを覚え、自分の気持ちに折り合いがつけられるようになりました。

このように落ち着きのなさには、それぞれ理由があります。

子供達が落ち着きのない理由が分かれば、対応も出来るのです。

☆おわりに☆

いかがでしたか。

事例でのA君やB君のように、落ち着きがない子供にはそれぞれ理由があることが分かりました。

子供に落ち着きがないと、親は否定的に考え自分の育て方を責めてしまう方も中にはいらっしゃるかもしれません。

しかし、これは、誰が悪いというわけではないので、子供に対してつい注意したり、怒ったりしてしまわないで、子供と接してあげて下さい。

成長していくにつれて、子供は社会を学んでいき、改善されていきます。

また、悩んでしまう時には一人で抱え込まないように誰かに相談してみるということも頭に入れていると良いかと思います。

yuzu

yuzuです 大学を卒業後、幼稚園→一般職→保育園→幼稚園と働いてきました。 現在は、幼稚園で働いています。 経験年数は、今年で10年目です。 これまで300人以上の子どもたちを受けもちました。 保育者として日々感じることや伝えたいことをブログを通して発信していきたいと思います。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です