【3歳】ストライダーでバランス感覚を身に付けよう

ここ最近、ペダルのない自転車で遊んでいる子供達をよく見かけるようになりました。

これはストライダーといって、自転車の練習の前にバランス感覚や体幹を鍛えることが出来る乗り物です。

早くから自転車に乗れるようになった方がよいのか、それとも、ストライダーから始めた方が良いのか悩まれるかもしれません。

今回はこのストライダーのお話をしたいと思います。

自転車とストライダーの違い

自転車とストライダーの違いは、ペダルがあるかないかになります。

そして、ストライダーにはブレーキがついていません。

これは、人間は本能的に足を使ってしっかり止まることが出来ると言われているため、足で止まるほうが安全だからです。

危険を感じた時には止まる。という動作を覚えるためにハンドルブレーキではなくて、足を使って停止をさせます。

3歳は自分でやりたい!と意欲と自立心が芽生える時期です

3歳という時期は、自分で出来る!やってみたい!という自立心が育つ時期でもあります。

例えば、着替えや手洗いうがい、など、日常生活でも少しずつ自分で出来ることが増えていく時期でもありますよね。

また、出来たことを見て欲しいという時期でもあります。

子供の興味や自立心が育つのに大切なことは、達成感や成功体験です。

日常生活や遊びを通して出来ないことを何度か挑戦することで、次第に出来るようになっていきます。

そしてその認められるという経験が子供の成長に繋がります。

この時期にストライダーに挑戦すると吸収力も増します☆

安全性を考える

ストライダーを選ぶ時に大切なのは、子供の成長に合ったジャストサイズを選ぶことです。

3歳でしか養えない感覚を安全にしっかりと育てるためにも、年齢にあったものを選ぶことをお勧めします。

長く使いたいから・・・といって、大きいサイズを選ぶとかえって危険になることもあるのです。

子供の体格に合わせて選んであげて下さいね。

ストライダーのメリット

それでは、次は、ストライダーのメリットをお伝えしていきたいと思います。

メリットは、

・脚のトレーニングになる
・自転車の練習になる
・操作が簡単

ストライダーは、脚の力で進めていくので、足のトレーニングになります。

口コミでも、ストライダーで遊ぶようになってから、かけっこが速くなったという意見もあります。

しかし、ストライダーはトレーニングの道具ではないので、そこまで期待するものでもないのかもしれませんが、遊びながら体を鍛えるのに良いとされています。

小さいうちから足腰や体幹、バランス感覚を鍛えていきたいですね。

また、自転車に乗る前段階のステップにもなります。

先程もお伝えしていますが、体幹やバランス感覚が養われるので、自転車にも移行しやすいのです。

ストライダーのデメリット

次にストライダーのデメリットもお伝えしたいと思います。

デメリットは

・使用できる期間が短い
・ブレーキがない
・靴が傷みやすい

ストライダーの推奨年齢は2歳~5歳までとされています。

そして子供の成長は早いのでサイズも限られてしまいます。

サドルの高さを変更することは出来ますが限界があるので、成長が速い子供だと、1年程で遊べなくなることもあるようです。

すぐに遊べなくなる可能性があることを頭に入れておきましょう。

また、ストライダーはブレーキがついていないので、足で止まるという動作を覚えて危険を察知する能力が養われる反面、スピードを出し過ぎると、急に止まることができないこともあるため、注意が必要です。

足でブレーキをかけるということは、その分靴がとてもすり減りやすいといえます。

靴がすり減ったまま遊んでいると、かけっこなどでも店頭しやすくなるので、靴のチェックは頻繁に行う必要があります。

注意したいこと

ストライダーは自転車と同じように、乗る時に注意したいことがあります。

ルールを守って楽しく遊ぶようにしたいですね。

・ヘルメットの着用
・公道は走らない
・子供から目を離さない

ストライダーは思いのほか、スピードが出ます。

転倒してしまう危険もあるので、必ず、ヘルメットを着けるようにして下さい。

ヘルメット以外にも、関節パッドを使用したり、長そで長ズボンで遊ぶことで、転倒ひた時に怪我を減らすことが出来ます。

また、ストライダーは自転車と似ていますが、ブレーキがついていないので、公道を走ることは出来ません。

同じく、駐車場や見通しが悪い場所でも危険なので遊ばないようにして下さい。

公園や家の庭など、危険の無い場所で遊ぶようにして下さい。

また、ストライダーは気軽に簡単に遊べます。

慣れてくると、子供は勝手に乗り回すようになっていくので、ついつい目を離し勝ちになってしまいますが、急な飛び出しや人にぶつからないように子供から目を離さないようにしましょう。

☆おわりに☆

いかがでしたか。

ストライダーはただ遊ぶだけではなく、バランス感覚や足腰を鍛えることが出来、子供の成長に役立ちます。

メリット・デメリットはありますが、子供の成長を考えると使用することをお勧めします(^^)

危険のないように安全な環境で遊んで欲しいと思います☆


yuzu

yuzuです 大学を卒業後、幼稚園→一般職→保育園→幼稚園と働いてきました。 現在は、幼稚園で働いています。 経験年数は、今年で10年目です。 これまで300人以上の子どもたちを受けもちました。 保育者として日々感じることや伝えたいことをブログを通して発信していきたいと思います。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です