【噛む力を鍛える】子供の成長と関係している

今回は、よく噛む事と子供の成長が関係していることのお話をしたいと思います。

食事をする時に、よく噛んで食べましょうと言われますが、何故よく噛むことが大切なのか・・・

よく噛むことで、消化を助ける役割もありますが、それ以外にも子供の成長で大切なことがあります。

それでは紹介していきたいと思います☆

噛む力の必要性とは

 

よく噛むという行動は、消化吸収されやすくなるだけではなく、いくつもの良い効果があります。

小さい頃から噛む力をつけなければいけないのは、一つは、噛むことによって、顎が発達します。

噛むということで、顎の骨が丈夫になり、歯並びもよくなるのです。

ここ最近、小さいうちから歯の矯正をする子が増えてきましたが、これは、噛む力にも影響しているのです。

最近の子は硬い食べ物を食べる機会が減り、柔らかいものばかり食べているので、顎が未発達になり、小さい顎の子供が増えています。

これによって、歯並びが悪くなり、矯正をすることになるのです。

その他に、噛む事が増えると、唾液の分泌も増えます。

唾液には、食べ物を消化吸収しやすくする酵素が含まれています。

それによって食べ物を栄養素として効率よく吸収することが出来るようになります。

そのうえ、唾液によって、口の中が適度に掃除をされて、虫歯の予防にも繋がります。

また、よく噛むということで、脳が刺激を受けて、血流が活発になるので、脳も活性化されます。

そうすることで、脳の働きも良くなります。

そして、一緒に脳内の緊張を和らげてくれるので、気持ちが落ち着くことができて、集中する力が付きます。

食べ物をよく噛むと、満腹感が得られます。

この満腹感によって、食べ過ぎる・・・ということが無くなって、肥満の防止にもなります。

そして、この噛む力を鍛えていると、あごだけではなく、頭の骨のバランスがよく成長して、表情も豊かになっていきます。

☆子供の歯並びに関係してくる

上でも少しお話をしましたが、噛む力は、子供の歯並びに影響が出てきます。

噛む力を意識することが大切になります。

現代の子供達は、食生活の変化によって昔に比べて柔らかいものをよく食べるようになったので、子供の噛む力が弱くなっているのです。

噛む力が弱いと、顎の骨が小さくなってしまうので、歯並びに影響がでてしまいます。

小さい頃から食べ物をよく噛んで食べると、歯並びの土台になる顎の骨が発達します。

また、食事中に足が床についていないと、おなかや背中に力が入らないので、姿勢が悪くなって、噛む力も弱くなってしまいます。

足が床につかない場合は、足の高さに合わせた踏み台を置いたり、高さを調節出来る椅子を用意してあげて下さい。

唾液の役割とは

よく噛んで食べることで、顎が発達するだけではなく、唾液の分泌も増えます。

唾液の役割はどんなものがあるかご存じでしょうか?

唾液の役割は食べた物を消化する助けをします。

また、食べたカスや歯垢を洗い流す自浄作用があり、口の中の細菌の増加を抑えて、虫歯の予防にもつながるのです。

その他に、唾液には粘膜修復作用があるので、口の中に傷がついても早く治ります

脳の発達

噛む力と脳の発達って関係あるの??

と思われるかもしれませんが、沢山噛むと脳が刺激されて血流が活発になります。

そして、脳も活性化されると言われ、集中力や判断力などの能力がアップされると言われています。

その他に噛む事で、脳の中で緊張を和らげる物質が増えて気持ちがリラックス出来たり、記憶力も高まると言われています。

このように噛むことと脳の発達には深い繋がりがあります。

噛む力を鍛える方法は?

噛む力を鍛えると、色々なメリットがあることがわかりました。

噛むという行為は、食べ物をかみ砕いて消化するという、人が生きていくうえでとても大切なことです。

小さいうちから良く噛むという習慣を身に付けることが大切になります。

噛む力を鍛える為には、2~3歳くらいの頃は、りんごなど、少し硬めの果物を食べさせてみて下さい。

噛むという行為はどういったことなのかを、この時期に覚えると良いのです。

幼児期に上手に噛むことができていると、顎が発達して、歯並びも良くなります。

その他に飲み込む心配がなければ、ガムやグミを食べるのも噛む力が鍛えられます。

ビーフジャーキーやスルメも噛む力が鍛えられます。

☆おわりに☆

いかがでしたか。

噛む力を鍛えることは成長するうえで、とても大切なことだということがわかりました。

小さい頃から、よく噛むという習慣をつけておきたいですね。

おやつでよく噛むおやつを用意してみるなど、取り組みやすいことから始めてみると良いかと思います(*^^*)☆

 

 



yuzu

yuzuです 大学を卒業後、幼稚園→一般職→保育園→幼稚園と働いてきました。 現在は、幼稚園で働いています。 経験年数は、今年で10年目です。 これまで300人以上の子どもたちを受けもちました。 保育者として日々感じることや伝えたいことをブログを通して発信していきたいと思います。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です