子供の熱中症の対策方法

熱中症を心配する時期がやってきましたね。

 

昨年から新型コロナウィルスが流行り、マスクをつけるのが当たり前という時代になってしまいました。

 

暑い日のマスク着用は気を付けないと熱中症の危険があります。

 

小学生の子供が暑い中、マスクをつけたまま体育の授業で持久走をおこなって死亡するという悲しい事故もありました。

 

コロナ禍の中、この暑い時期にマスクをつけることで熱中症のリスクがあがります。

 

しっかりと、熱中症の対策をとっていきましょうね。

 

暑い時期のマスクは要注意!

 

私達の生活の中で、マスクをつけることが日常化しています。

 

マスクをつけていると熱がこもり、より熱中症になりやすい危険性があります。

 

実際、スポーツ庁では、体育の授業でのマスクの着用は必要ないと見解を示しています。

 

また、日本小児科医会では、2歳未満の子供にマスクは危険であると呼び掛けています。

 

熱中症のリスクが高まる

 

マスクをつけることにより、熱中症になりやすくなると言われています。

 

マスクをつけていると、30度の気温の場所に居たとしても、口の周りの温度は、5度から10度ほど高くなると言われています。

 

暑い時には熱を放散させて体の体温を下げようとします。

 

しかし、マスクをつけていることにより、それが難しくなってしまいます。

 

気温が熱い時には体の中の熱を放散して体の温度を下げますが、それが出来ないと、体の体温がどんどん高くなってしまいます。

 

それに加えて、マスクをつけていると、口の中がいつも潤っていて乾燥していることが感じにくいため、水分を補給しようという意識が薄まります。

 

そうなると、脱水になり、体の温度がより下がりにくくなって、熱中症になりやすくなる危険性があります。

 

マスクの使い方に気をつける

 

マスクは、自分の唾液や唾が飛ばないようにしっかり距離を保つことが出来るのであれば、着ける必要なないと言われています。

 

マスクを着けっぱなしにしていると、かぶれの原因にもなり深刻な問題にもなっています。

 

子供が嫌がる場合は無理してつけなくて良いのです。

 

外遊びの時は必ずマスクを外す

 

これは、私自身も体験して感じましたが、外で遊ぶ時は必ずマスクを外して欲しいです。

 

今の時期、ただでさえ暑くマスクをしたまま外で遊ぶ行為は本当に危険です。

 

そして、子供達も順応性が大人よりあることと、大人からマスクは外してはいけないと言われていることが多く、こちらから声を掛けないとマスクをつけたまま遊んでいることが多いのです。

 

友達と遊んでいると楽しくなり、走り回ることもあります。

 

そんな時、マスクを着けたままでいると熱がこもってしまい、それこそ熱中症になって倒れてしまいます。

 

大人が必ずそばにいて、マスクをつけたまま遊んでいたら外すように声を掛けてあげて下さい。

 

そして、小まめな水分補給と、なるべく日陰で遊ぶようにしましょう。

 

体調の変化に気をつける

 

マスクをつけたままで遊んでいると、体調の変化にも気づきにくいです。

 

唇の色や、顔色から体の異変にも気づきやすいのです。

 

そこをマスクで覆い隠していると、体調の悪さを発見できない危険性もあります。

 

熱中症の対策の仕方

 

水分を多めに摂取する

 

子供は新陳代謝が活発なため、汗や尿として身体から出ていく水分が多く、脱水を起こしやすい体です。

 

水分を多く含む食事や、定期的に水分補給するように心がけて下さい。

 

熱や日差しから守る

 

子供は自律神経がまだまだ未熟なので、放熱や発汗による体温調節が上手くできないのです。

 

熱がこもらない素材や薄い色の服を選んだり、日光を遮るタイプの帽子などを使うようにしましょう。

 

地面の熱に気をつける

 

子供は背が大人より低いです。

 

また、ベビーカーの利用などで、地面に近い環境で過ごすことが多いので、地面からの熱を受けやすくなります。

 

子供の高さの気温や湿度に気をつけるようにしてあげて下さい。

 

暑い場所に子供を置き去りにしない

 

乳幼児など小さい子供は自分の力で移動することが出来ないので、寝ているからだったり、少しの時間だから・・・といって放置することは大変危険です。

 

特に車内に置き去りにすることは絶対にしないようにして下さい。

 

室内遊びでも油断しない

 

日差しがない室内では、大丈夫だろう・・・と、つい油断してしまいますが、室内で熱中症になることもあるので、注意して見守るようにして下さい。

 

外遊びに夢中なりすぎないようにする

 

遊びが楽しくて夢中になると、喉の渇きや気分の悪さなどの熱中症のサインに気づくのが遅くなりがちになります。

 

子供や乳幼児が遊びに夢中な時には、大人がそばで見守るようにして、こまめに休憩や水分補給をするようにしてあげて下さいね。

 

子供が熱中症にかかった時の症状は?

 

子供が熱中症にかかった時は、気分が悪くなったり、頭が痛くなります。

 

その他にお腹が痛くなったり、めまいがしたりなど、いつもと違う様子が出てきます。

 

おしっこの回数や量が減ったり、熱が上がってきたり、体から汗が出にくくなってきたり、体調不良を訴えるようであれば、注意が必要です。

 

大人の問いかけに答えられない場合はすぐに受診して下さい。

 

自分で水分が補給出来そうな時は、すぐに水分を摂って涼しい場所でゆっくり寝かせてあげて下さい。

 

☆おわりに☆

 

いかがでしたか?

 

今回は熱中症対策のお話でしたが、2021年も新型コロナウィルスは流行っています。

 

その為、マスクは必需品となり、常にマスクをつけている状態ですが、子供達が屋外で遊ぶ時には外してあげるようにして下さい。

 

少しでも子供達の体調に異変があれば、無理をさせないように、小まめに水分補給をしたり、体を冷やしたりして、熱中症に気をつけて下さいね☆

 

yuzuってどんな人?こちらをクリック!

yuzu

yuzuです 大学を卒業後、幼稚園→一般職→保育園→幼稚園と働いてきました。 現在は、幼稚園で働いています。 経験年数は、今年で10年目です。 これまで300人以上の子どもたちを受けもちました。 保育者として日々感じることや伝えたいことをブログを通して発信していきたいと思います。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です