【褒める子育てのデメリット】褒めるということは評価するということです

今回は褒める子育てのお話をしたいと思います。

最近では、褒める子育てというのは流行っていますね。

子供は叱るのではなく、褒めて伸ばしてあげましょう・・・

褒める子育ては子供の自己肯定感を高めるから良い・・・などと聞いたことはありませんか?

子供のいい面を見て、親がそれを認めてあげる、それ自体はとても素晴らしいことだと思います。

しかし、この褒める子育てには落とし穴があります。

今回のお話はデメリットのお話をしたいと思います。

子供のこと、評価していませんか?

子供に対して、知らないうちに、評価していることがあります。

それは、どんな時かと言うと、例えば、着替えが上手に出来た時、自分から進んで部屋のおもちゃを片づけてくれた時、難しいパズルを完成させた時・・・

子供がそういった大人から見て、良い行動をした時、「すごいね!」「いい子だね!」と褒めていませんか?

褒める子育てという言葉もあるように、親が子供に対して褒め言葉を使うのは当たり前のことだと思われていることがあります。

しかし、こういった声掛けや言葉がけは、評価の言葉なのです。

評価・・・と聞くと何だかドキッとしますね(^-^;

評価ということは、上の人間が下の人間を判定している言葉なのです。

ここで、アドラー心理学のお話を出しますが、アドラー心理学では、人間と人間には、上下関係はないと言われています。

大人や親であっても、子供に対して評価の言葉は使わないで、私達の気持ちを軸に接することが大切なのです。

例えば、友達に対して、おもちゃを譲ってあげたら、「友達に優しく出来たね。お母さん嬉しいな。」と、お母さん自身の気持ちを伝えるのです。

これは、マイナスの声掛けも同じです。

食事中、床にご飯を落としてしまった時など、「お母さん一生懸命作ったご飯落として悲しいな。」と自分の気持ちを伝えます。

「何やってるの!あなたはダメね!」と、評価はしないように気をつけましょう。

この褒めない子育て・・・実際に意識して行うと、とても難しいと思います(^-^;

つい、子供に対して共感してあげたくて「すごいね!」「よくできたね!」と言いたくなります。

そして褒められた子供をみると嬉しそうですし、実際褒められると嬉しくなります。

褒めるとまた同じように良い行動をしてくれると私たち大人も嬉しいです。

以前は、私自身も褒めることは良いことだと思っていて、よく子供たちを褒めていました。

しかし、子供を褒めることには大きな落とし穴があるのです。

褒められることが行動の目的になってしまう

【事例】褒められたくて片付けをするA君

子供を褒めることの落とし穴とは、褒められることが行動の目的になってしまうことです。

これは満3歳児クラスのA君のお話です。

片付けの時間に、A君がおもちゃを一番初めに片付け始めたので、「A君お片付けして偉いね!」と褒めました。

その後、他の子供達も片付けを始めてくれて、綺麗に片付いたのです。

君は私に褒められたことが嬉しくて、それから毎日片付けを率先してやってくれるようになりました。

しかし、たまたま私がA君に対して褒めなかった時がありました。

すると自分から「先生、A君お片付けしたよ!偉いでしょ?」と褒めてもらうことを求めるようになりました。

それから、A君がとった行動は、片付けの時間になると、チラチラと私の方を見ながら片付けをするようになっていったのです。

私が見ている時は片付けをして、私が見ていない時は片付けをしないので、これには私も驚いてしまいました。

A君のように褒めてもらうことを求めてしまう子は、部屋のおもちゃの片付けの時も周りに見ている人(褒めてくれる人)がいるかどうかで、片付けるか放っておくか決めるようになっていきます。

そして、親からの評価に一喜一憂するようになってしまいます。

そうなってくと、将来、自分がやりたいことより、周りから褒められることを優先して、進路や仕事を選んでしまう可能性もあるのです。

ある意味、不自由な人生を送ることになるかもしれないのです。

褒めずに感謝の気持ちを伝える

A君のお片付けの例で、その後私は褒める言葉掛けは使わないで、「お片付けしてくれて、先生嬉しいよ。」と伝えるようにしました。

そして、率先して頑張ってくれた時は、「A君が片付けの時間に気がついてくれて、みんなも一緒に片付けが出来たから助かったよ。」とみんなの前で頑張ったことを伝えました。

「偉いね!」「いい子だね!」ではなく助かったことを伝えることで、周りの友達も「A君ありがとう。」と感じます。

アドラー心理学では、「自分はみんなが参加する社会の一員である」という意識を持ち、その中で自分は何が出来るかを考えることを目指していきます。

そうすると、誰かに喜んでもらったり、人の為になることは、嬉しいことだなと感じるようになります。

褒める言葉かけは使わないで、子供に対して感謝の気持ちを伝えることで、誰かに何かをしてあげたいという気持ちや喜びを感じて欲しいと思います。

☆おわりに☆

いかがでしたか?

褒める子育てのデメリットは、褒める言葉かけばかりをしていると、子供は褒めてもらうを求めるようになることです。

そして、褒められることが行動の目的となってしまい、親や大人の行動に一喜一憂するようになる恐れがあります。

子供には自由に伸び伸びと育ってもらいたいですよね。

褒め言葉は使わずに感謝の気持ちを伝えると子供達にも十分に親の気持ちは伝わります。

そして、褒め言葉を使わなくても、親の気持ちが伝われば、子供の気持ちは満たされ、自己肯定感は育っていきます(^^)☆

ありがとうの気持ちを子供たちにどんどん伝えてあげて下さいね♡

yuzuってこんな人物です!こちらをクリック!

yuzu

yuzuです 大学を卒業後、幼稚園→一般職→保育園→幼稚園と働いてきました。 現在は、幼稚園で働いています。 経験年数は、今年で10年目です。 これまで300人以上の子どもたちを受けもちました。 保育者として日々感じることや伝えたいことをブログを通して発信していきたいと思います。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です